トップページ
>
体温計

コロナウイルス感染症の水際対策

施設やオフィスの安全利用のためには、発熱来訪者を早めに発見して施設への立ち入りを控えてもらう必要があります。そのためには、ハンディ・サーモグラフィなどにより多くの来訪者から速やかに発熱者を感知すことや非接触型体温計・温度計により発熱者を測定することで施設やオフィスの安全性を高めることとなります。
 

 

ハンディ・サーモグラフィ

 

多くの方が行きかう中、いかに簡単に熱のありそうな方と平熱の方とを見分けられるか! 

 

大勢の人が往来する場所や施設等に設置して、発熱しているかもしれない人を検知!

 

コロナウイルス、インフルエンザ感染症の一次検査に

「温度検知制度±0.5°C」の精度で測定

 

  

 【サーマルカメラ】    ➡投影画面例
 
【レンタルセット内容】    ACアダプタ    USBケーブル 8GB microSD 三脚
    

 

付属の三脚と組合わせて、自立させてご利用可能です。解像度160×120の熱センサーで、目的物を
正確に温度測定でき、発熱等の体温異常などを迅速に見つけることが可能です。microSDへ記録・保存が出来ます。

 

 

 

1分間に60人分の測定が可能で、空港・病院・学校やイベント会場などで、スムーズに発熱者を検出できます。事前に設定された体温を超えるターゲットを検出するとアラーム表示します。

 

               

 

 レンタル料金(税抜)

 

2泊3日 ¥16,000-/台

1か月   ¥48,000-/台

 

 

 

非接触型体温計・非接触型温度計

 

手洗いやマスクはもちろんのこと、温度チェックなどで万全を期したい!

 

会社、学校、地下鉄駅、商店、レストランなど人の流れが密集しているところで、電子体温計を使って、体温測定を行いたい!

 

 

体に触れず0.5秒で測定

測定誤差は±0.3℃

設定温度を超過すると電子音を鳴らします

 

 

 

 

レンタル料金(税抜)

 

2泊3日 ¥2,000-/台

1か月   ¥6,000-/台

 

5〜15cmの距離から額にセンサーを向け、引き金を引くと瞬時に額 (皮膚)の温度を表示します。
設定した温度を超過すると電子音を鳴らします。
食品や哺乳瓶、お風呂の温度も表面温度モー ドに切り替えて測定することができます。
自働で32回の測定データをメ モリーし、後で温度の読出しをすることもできます。

 

 学校や塾、職場、アミューズメント施設、空港、病院、保健機関、イベン会場などでご利用いただけます

 

 


Leaflet
ハンディ・サーモグラフィ 非接触体温計・非接触温度計

 

 

感染症対策

 

 

 

 お問合せ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  [電話]

03-3541-1711

 株式会社イベント・コミュニケーションズ 東京営業所
 住所:東京都中央区銀座7-13-21  FAX03-3541-1712
 e-mail : e-letter@eventcom.jp
   担当:鈴木哲也 外崎誠

 受付時間 [平日]9:00~17:00 [日祭日、年末年始はお休み]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   [メール]

 下記、「お問合せフォーム」よりお問い合わせください。

 株式会社イベント・コミュニケーションズ 

 受付時間 平日9:00~17:00 [土日祭日、年末年始はお休み]

 

(*)

(*)

(*)

(*)

 

 

このページの先頭へ